ペンタブ用すり減らないペン先、ステンレス芯のレビュー

ペンタブ用すり減らないペン先、ステンレス芯のレビュー

Wacom Intuos Pro に付属のプロペン2。描き心地は良いけどペン先の減りが早いこと早いこと。そこで非公式で販売されている削れにくいステンレス製の芯を買ってみました。レビューです。

ステンレス芯

標準芯の消耗は良い描き心地のためには必要な犠牲なのかもしれないけど、もし削れない芯があったら良いな..。

ということで

ステンレス芯3種類のペン先
ステンレス芯(右)

個人の方から販売されている、削れにくいステンレス製の芯です。

僕が買ったのは Intuos Pro などのプロペン2用ですが、普通のやつ用のも販売されています。

購入の際は自分のペンに対応しているものを選ぶようにしましょう。

すり減らないステンレス芯 WacomProPen2用 替え芯 液タブ ワコム・ Intuos Pro Medium 対応 「送料無料」

値段は980円。
購入から5日ほどで郵便で届きました。

早速装着

ステンレス芯は折れやすいので取り扱いには注意が必要です。

ステンレス芯を付けたプロペン2
ステンレス芯を付けたプロペン2

描き心地

1段階ツルツルな描き心地になりました。
僕はスムースタイプのオーバーレイシートを貼っているのでかなりツルツルになりました。

若干すべりやすすぎる感はありますが、なんとかいけそうです。
でもしっとり描きたい、ひっかかりがほしい人にはちょっとすべりすぎるかも。

シュビシュビした音が鳴ります。
実際に動画を撮ってみたので聞いてみてください。

僕は基本的には音楽を聴いたり動画を流したりしているので平気ですが、静かな環境で描いていると気になると思います。

削れ具合

2〜3時間使いましたが、まったく削れていません。

使用後のステンレス芯
2〜3時間使ったあとのステンレス芯

説明書には10〜20年使えるはずと書かれています。
実質無限と考えてよさそうです。

感想

結構いい感じです。
ふつうの標準芯の替えは10本で1,100円ほどなので、それに比べると遥かにお得に使えます。

なにより消耗具合を気にしなくていいのはかなり大きい。

どうしてもステンレス芯の描き心地が微妙だ!という方も一定数いると思いますが、合うかどうか一度試す価値は十分にあると思います。

僕はステンレス芯の描き心地でぜんぜんいける口なので、これから愛用していきたいと思います。やったぜ。