【ゲームには微妙かも】左手キーボード「Razer Tartarus V2」の使い心地レビュー

【ゲームには微妙かも】左手キーボード「Razer Tartarus V2」の使い心地レビュー

ずっと興味があった左手キーボードを買いました。ゲーム用、絵描き用、その他マクロ用に使ってみましたが、なんと大本命であるはずのゲーム用には微妙で、そのほかはめっちゃ良いという結論に…。詳しくレビューしていきます!

Razer Tartarus V2

ゲーム用、絵描き用にいいかなと思って買ってみました。
Amazonで10,760円。

どどーん。かっこい。

Razer Tartarus V2 - 外箱と本体
Razer Tartarus V2

使い始めてから1週間ほどたちましたが、まず僕の今の感想は…

  • ゲームには微妙(もう使ってない…)
  • イラスト制作などのショートカット用に最高
  • ブログの記事作成などのマクロに最高

こんな感じです。

今回の記事ではゲームでの使用にフォーカスしてレビューしていきます。
「この部分は良い、悪い」とか書きますが、すべて「ゲームをするうえで」ということを覚えていてくださいね。
ショートカット、マクロ用の話は次の記事で絶賛したいと思います。

またこの記事でゲームとは主にFPSゲームのことを指します。
(僕がよくプレイしているのは「Overwatch」「Apex Legends」「Minecraft」あたりです)

では、先にゲームで使うのをやめた理由微妙な点を説明していきます。

  • カチャカチャうるさめ
  • キー配置が微妙
  • 慣れる必要がある

ざっくりこのあたりです。詳しく見ていきましょう。


打ち心地・音

こんな感じです。

カチャカチャカチャカチャという感じ。いかにもゲーミングって感じの、メカニカルな音です。
音の質感的にはぜんぜんいいんですけど、ちょっと大きすぎるんですねこれが

ひとりでやる分には支障はありませんが、問題は通話しているとき
ちゃんと対策しないと間違いなく音が入ると思います
僕がゲームで使うのをやめた理由でいちばん大きいのはここかも。

特にチョビチョビと横移動するときがうるさめ。
通話相手が気にしないと言ってくれていても、さすがにためらいます。


キーについて

並び方

ふつうのキーボードって列ごとに少しずつずれてますよね
タルタロスV2はというと、きっちり並んでいるのです

ずれてるのが良いとかっていうわけではないと思うんですが、さすがに何年もこれでやってきて慣れていると、違和感がすごめ。
もちろん使っていれば慣れると思いますが、わざわざ慣れるのもめんどうだなっていうのが正直な感想です。


キーの数

人によって手の形も違うので個人差はあると思いますが、「T」「G」らへんって押しやすくないですか?
僕は結構押しやすくて好きです。

あとスペースキーの左の「無変換」とか。キー割り当てをすればこれも使えて、親指で押しやすいです。
「左Alt」もそこそこ押しやすい部類。

でも、「T」「G」「無変換」「左Alt」らへん、商品画像を見ればわかりますがタルタロスにはこれらに対応する位置にキーがありません…

ふつうにほしい。
その分は代わりにスペースキーの上の十字キーに割り当てたりするんですが、これまた慣れるのに時間がかかります。
十字キーの使いやすさは割りといいんですけどね。


ホイール

ゲームでは使わん!
いや、使うけど、僕はマウスので十分


キーについてまとめ

右側らへんと親指らへんにもうちょっとほしいホイールは使わない

繰り返しですがこれはゲームをやる上での話です。ショートカット用ではホイールは死ぬほどありがたいし、キー配置も別にこれでいいのです。


形状

めっちゃフィットしそうな形状で作られていますが、「うおおめっちゃフィットする~~!」って感じではないです。

ちょっとお手元のキーボードで試してほしいのですが、WASDのいつものところに指を置いといて、「T」キーを触ってみてください。
この時、手のひらが沈みますよね。
タルタロスはその手のひら部分に、さえぎるように山があります
邪魔とまでは思いませんが、ちょっと異物感があります。


とさんざん微妙ポイントを説明しましたが、もちろんのこと良い部分もあります。

良い点

場所をとらないこと

ふつうのキーボードに比べて半分以下のサイズなので、マウスをより広々使える可能性があります。
机がちっさい方などはけっこう重宝するかも

かっこいい

なんやかんやかっこいいですよ。僕は気に入ってます。
ライトとか、まあ実際使ってるときにはそんなに見ないと思いますが、ふと見たときには結構ええやんってなりますね。

Razer Tartarus V2 - ライト

色々な感じに光る

結論

ゲームをやる上で、このデバイスならではの特段なメリットというのはそんなにないかなという感じです。
キーボード操作で慣れている方は、大きな理由がなければそのままで良いと思います。
形状がかなり特殊なので、慣れるのに労力、時間がかかります

逆に言えば慣れてしまえば余裕で使えるので、

  • 机せますぎる人
  • かっこいいのがいい人
  • どうしても可能性を感じる人

は試してみてもいいと思います。

買って一度使っちゃうとAmazonでの返品は難しいと思いますが、今はメルカリで売れちゃいます。(最近気づきました)
売れる保証はないし、送ったりする手間もかかりますけどね。
売れれば8割くらい戻ってくるはず。

僕は合わなかったらメルカリで売ればいいやと思って買いました。
ていうかメルカリで買うのもありですね。けっこう出てます。
あとPCパーツ屋とかに行くと実機が置いてあったりするので、行ける範囲にある方は試してみるのおすすめ。

そんな感じです!

さいごに

ゲームには微妙なタルタロスですが、冒頭で書いたとおりショートカット用、マクロ用で最強になります
もっとそっちを売りにした方がいいんじゃないかというくらい。
詳しくは次の記事をお待ちください…。

最後までお読みいただきありがとうございました!